東京近辺から通いやすい作業療法士・理学療法士になれるリハビリ専門学校を紹介

リハビリ専門学校に入るための志望動機の作り方

リハビリ専門学校に入るための志望動機の作り方

 

リハビリ専門学校に入る際には試験を突破する必要性があります。
試験は学科試験と面接で構成されますが、特に志望動機は念入りにねっておくことが大事です。
志望動機次第で面接の結果も大きく変わってくることもあります。
とはいえ、リハビリ専門学校に入るための志望動機はどのように作ればよいのでしょうか。

 

志望動機の作り方を知ろう

リハビリ専門学校に入る際には面接試験を受けることが多くなっています。
リハビリ専門学校の面接試験では経歴やなどいろいろなことを聞かれますが、特に必ず聞かれるのが志望動機です。
志望動機はリハビリ専門学校の面接にかかわらず面接においては再重視されるものですが、だからこそしっかりと志望動機は考えておきたいところでしょう。

 

〇どうしてリハビリ専門学校に入りたいのか

そんな志望動機を作るのは時間もかかります。
志望動機を考えるためには「どうしてリハビリ専門学校に入りたいのか」と自問自答しておくことも必要です。
おすすめなのはリハビリ専門学校に入ってしたいことを紙に書き出していくことです。
たとえば、「リハビリ専門学校に入って作業療法士になりたい」といったものでもよいでしょう。
紙にリハビリ専門学校に入ってからしたいことを列挙したらそれをまとめていけば志望動機も自然とできあがります。

 

志望動機に根拠を持たせよう

ここで大事なのは根拠を持たせることです。
例えば、「どうしてそれを実現するのにリハビリ専門学校に入らないといけないのか」といったことを自分で突っ込んでみて、根拠がしっかりしているかどうか確かめてみると良いでしょう。

◆友人と作る

こうした志望動機は友人と作るのもおすすめです。
友人と一緒に志望動機について話しあえばアイデアも広がってきます。
いずれにしても面接時の志望動機と書類選考時に書いた志望動機は矛盾が出ないように注意しておくことも大事です。

◆本当に目指すべきなのかも分析できる

志望動機についてしっかりと考えておけばリハビリ専門学校を本当に目指すべきなのかも分析できます。
志望動機がしっかりしていればそれだけリハビリ専門学校に入ったあとも挫折しにくくもなってきますから良い機会と思って志望動機を考えてみると良いでしょう。

 

リハビリ専門学校は自分に向いているか考えよう

〇リハビリ専門学校が自分に向いているのか

そもそもリハビリ専門学校が自分に向いているかも事前に考えておきたいところです。
例えば、リハビリ専門学校を目指している場合には「リハビリ専門学校に通わないと作業療法士になれない」と思っている人もいるかもしれませんが、リハビリ専門学校に通わなくとも実際に作業療法士になることは可能です。
例えば、大学の相当する学部に通うことで作業療法士になることができます。
とはいえ、リハビリ専門学校で通えばより早く作業療法士になれますし、余計なことも学ばなくて済みます。
こうした点はじっくりと考えておきたいところでしょう。

 

〇オープンキャンパスや授業見学を利用してみる

他にも、オープンキャンパスや授業見学を利用してみることもおすすめです。
リハビリ専門学校が自分に向いているか不安な際には実際に学校を訪れることでいろいろなことがわかってきます。
オープンキャンパスに行って授業内容を見てみて「これは自分には合わない」と体験できることもあるでしょう。
オープンキャンパスなどに行くのは手間がかかりますが、一度入学してから自分に向いていないと知るよりもよっぽどマシです。

リハビリ専門学校のオープンキャンパスや授業見学に行けばすでに学んでいる先輩の声も聞くことができます。
これは大いに役立つもので、リハビリ専門学校の実態もわかってきます。
こうした在校生のナマの声は他では聞けないものですから、ぜひとも入学前にはオープンキャンパスや授業見学に行って見聞を深めてみると良いでしょう。