東京近辺から通いやすい作業療法士・理学療法士になれるリハビリ専門学校を紹介

3年?4年?リハビリ専門学校の修得年数の違いについて

リハビリ専門学校の修得年数の違い

 

リハビリ専門学校に修得得年数が3年制と4年制のところがあります。
これはリハビリ専門学校探しを始めるとすぐに気づくことですが、一体両者の違いは何なのでしょうか。
また、どちらを選んだら良いものなのでしょうか。
こうしたこれからリハビリ専門学校を探そうとしている人が悩む重要ポイントを紹介していきましょう。

 

リハビリ専門学校の修得年数について知っておくべきこと

修得年数の違いはいくつかの要因があります。
まず、カリキュラムが両者では異なります。
4年制ではより高度な内容が含まれる他、実習が多くなってくるのも特徴でしょう。
実習が多くなればそれだけ実践的な知識も身につけられますが、4年制ともなればそれだけ授業料も余計にかかってきます。
他に、取れる資格や学習スピードなどが関わってくることもあります。
とはいえ、基本的には4年制であればよりじっくりと高度な内容が学べると考えてよいでしょう。
3年制と4年制のどちらが向いているかは人によっても変わってきます。
早く卒業して働きたいという人は3年制のリハビリ専門学校を選んだ方がよいでしょう。
一方、じっくりと学習をしたい、たくさんの資格を取りたいなどの場合にはやはり4年制の方が良いでしょう。
とはいえ、どちらでも基本的に学ぶことに大きな違いはありません。
どちらを選べばよいか迷ったら学費を比較してみるのも良いでしょう。
3年制と4年制ではトータルコストが100万程度違ってきてしまうなんてこともあります。
これはかなり大きいものです。
3年制であれば早く働けることもあり、それだけより若い内から稼げるようになるのも利点でしょう。
4年制でないと学べない内容も幾つかありますが、こうした内容は3年制であっても後で必要になった際に学べることでもあります。
4年制の方がよりクラスメイトとの仲も深まることもあり、より人脈を広げたい際にも4年制のリハビリ専門学校を選んだ方が良いでしょう。
3年制だとあっという間に卒業まで時間が過ぎてしまうこともありますが、4年制であればじっくりとクラスメイトと交流を深められるものです。
また、学校によって3年制なのか4年制なのかは変わってきます。
そのため、修得年数という観点だけで専門学校は決められるものでありません。
このような修得年数以外の要因についても比較しておくと良いでしょう。

修得年数以外にも比較しておきたいことは多いです!

修得年数以外に専門学校選びをする際に注目しておきたいポイントは幾つかあります。
例えば、取れる資格も専門学校によっても変わってくることがあります。
これはリハビリ専門学校によって目指すべきゴールが異なってくるため当然といえば当然ですが、資格はやはり多めに取っておくに越したことはありません。
特に働き始めると一気に忙しくなりますから、後で楽をするためにも資格がたくさん取れる専門学校を目指しておくのも良いでしょう。
学費も十分に検討しておきたいところ。
学費はリハビリ専門学校によってかなり変わってくるもので、安いところだと国立の専門学校で卒業までのトータルコストが250万円程度に抑えられるなんてところもあります。
逆に高い専門学校であれば4年制などで卒業までに軽く700万円以上もかかるところも…。
こうしたコストの差はかなり重要ですから、入学前にしっかりと比較しておくと後悔せずに済むでしょう。
このように比較しておきたいポイントは多いですが、こうしたことを考えるためにも学校見学はしっかりしておくと良いでしょう。
学校見学をすれば勉強のモチベーションアップにも繋がってきます。
まずは資料請求だけでも良いですから、アクションを起してみるというのがおすすめです。