東京近辺から通いやすい作業療法士・理学療法士になれるリハビリ専門学校を紹介

社会人がリハビリ専門学校の試験対策でしておきたいこと

社会人がリハビリ専門学校の試験対策でしておきたいこと

リバビリ専門学校に入る前には試験があります。
試験の形式も様々であり、AO入試を設けているようなリバビリ専門学校すらあります。
特に社会人は試験勉強するのに時間をあまり割けないこともありますから、効率的に対策しておきたいところ。
ここではこうしたリハビリ専門学校の試験突破法について解説します。

 

リハビリ専門学校の入学試験

リハビリ専門学校の入学試験はそこまで難しいというわけではありません。
基本的に書類選考と筆記試験だけですが、書類選考だけで入学が決まるリハビリ専門学校もあります。
筆記試験のレベルもそこまで高くはなく、英語や中学レベルの数学を復習するだけで何とかなるようなリハビリ専門学校も。
とはいえ、有名校ともなると試験レベルは一気に高くなるのは注意しておきたいところです。
そんなリハビリ専門学校の入学試験対策の基本は情報収集です。
情報収集をせずに闇雲に勉強しても大変効率が悪いです。
リハビリ専門学校の試験は学校による差も大きいですから、情報収集をしてどのような試験なのか知ってから対策をしておきましょう。
リハビリ専門学校の入学試験対策ですが、基本はやはり筆記試験になります。
科目は様々ですが、英語、数学そして国語の3つが標準的な科目です。
とはいえ、どれも中学レベルのことも多く、そこまで恐れることはありません。
英語や数学は忘れてしまっているならば教材を購入して簡単に復讐しておきましょう。
国語に至っては過去問をするだけで対策できることも。
試験勉強は受験者の学習レベルによっても異なりますが、入学試験の半年から始めておくと余裕が出るでしょう。
試験が簡単なところであれば試験の1ヶ月前から対策を始めても全く問題ないところも。
これも受ける学校によって大きく変わってきますから、情報収集はしっかりとしておきましょう。
特に社会人は時間がないですから、勉強も効率的に行っておきたいところです。
ちなみに過去問の入手法ですが、リハビリ専門学校の過去問は手に入れにくいです。
ネットで公開している学校もありますし、試験を受けた有志が情報を公開していることもあります。
しかし、学校によっては全く過去問が手に入らないことも。
このため、他のリハビリ専門学校の過去問を参考にしたりする他ありませんが、年度によって問題の形式が全く変わり過去問が役に立たないことも少なくありません。

AO入試を利用して入学することも可能

AO入試を利用して入学するという方法もあります。
社会人向けのAO入試試験もあり、社会人ならば有利にAO入試が受けられるということも。
とはいえ、AO入試は対策するのがかなり困難なことは知っておきましょう。
AOの体裁も色々で書類選考だけで結果が決まることもあれば、面接の結果が合否に大きく影響することも。
こうしたAO入試を受ける際には自己アピール文などを欠かないといけないこともあります。
基本的なAO入試対策は面接練習となりますが、特にそれまでの経歴やどうしてリハビリ専門学校に通おうとおもったのか、といった点については徹底的に練習しておきたいところ。
いずれにしてもAO入試は通常の試験よりも前に行われる事が多いですから、AO入試に落ちてもそこまで問題ではありません。
むしろAO入試は「受験機会が増えるチャンス」と考えて受けていくと良いでしょう。
紹介したようにリハビリ専門学校に入る際にもしっかりと入試対策はしておきたいところです。
もしも試験に落ちると半年から一年程度待たないといけません。
特に社会人の場合には年齢を経ているというハンデがありますから、一回の試験で必ず入学できるようにしておきましょう。