東京近辺から通いやすい作業療法士・理学療法士になれるリハビリ専門学校を紹介

多摩リハビリテーション学院

3つ目に紹介するのは多摩リハビリテーション学院です。多摩リハビリテーション学院は、医療法人社団和風会が運営するリハビリ専門学校。

こちらではグループ内外の病院・施設での充実した実習を長期間行うことができ、知識に基づいた経験、経験に基づく知識の蓄積をすることができます。ただ単に国家試験に合格することだけでなく、医療に携わる人間としてふさわしい人格形成まで考えられた教育が行われています。

アクセスはJR東青梅駅から徒歩10分の距離で、新宿からであれば1時間ほどで通うことが可能。設置基準の810時間以上を超える約1035時間の実習を行っていることが特徴で、また即戦力養成のために医療現場での実習が充実していることも多摩リハビリテーション学院の魅力の一つと言えるでしょう。

卒業後の就職率が高く、安定した収入を得ている人が大半なので、奨学金の人数枠も多数。希望者ほぼ全員が奨学金を受けられるので安心して通うことができます。

JR東青梅駅から徒歩10分の好アクセスが自慢

多摩リハビリテーション学院は、JR東青梅駅から徒歩10分の立地。新宿からであれば1時間ほどですので、東京近辺から通いやすくなっています

こちらのリハビリ専門学校の大きな特徴として、医療法人が母体となっていることが挙げられます。医療法人社団和風会が運営しており、グループ内外の病院・施設での充実した実習を長期間行うことが可能。知識に基づいた経験、経験に基づく知識の蓄積をすることができます。

多摩リハビリテーション学院ではただ単に国家試験に合格することだけでなく、医療に携わる人間としてふさわしい人格形成まで考えられた教育が行われています。就職率は作業療法学科・理学療法学科・言語聴覚学科の3科とも安定して100%の実績を誇り、母体の医療法人社団和風会へ就職することも可能

設置基準を上回る時間数の実習で即戦力になれる人材へ

多摩リハビリテーション学院では設置基準の810時間以上を超える約1035時間という、他校を圧倒する時間数の実習が行われています。

即戦力養成のために、医療現場での実習が充実したリハビリ専門学校であると言えるでしょう。1年次から様々な実習が取り入れられており、「現場を知り、患者様を知ること」を理念に、より実践的な内容を学ぶことができます。学費は3年間で作業療法学科・理学療法学科であれば435万円となっています。

また多摩リハビリテーション学院では野球やサッカー、バスケなどいくつかの部活動が公認されて活動を行なっていることも特徴。届出されたクラブが公認されれば費用の一部援助や新入生向けのオリエンテーションでの勧誘活動などが優遇されます。

希望者ほぼ全員が奨学金を受けることができる

多摩リハビリテーション学院は卒業後の就職率が高く、安定した収入を得ている人が大半となっています。

ですから奨学金の人数枠も多く、希望者ほぼ全員が奨学金を受けることが可能。安心して学校へ通うことができます。

またこちらの学校には専属のスクールカウンセラーも常勤しており、実習や学校生活の悩みを相談することが可能。スクールカウンセラーをしているのは臨床心理士であり心理学の授業も担当している先生なので、顔も名前も知っている身近な存在と言えるでしょう。実習などでは患者さんと接したり、実習先の指導者から直接指導を受けることもあります。

通常の学校では体験しないような悩みを持ってしまう場合もありますからスクールカウンセラーの存在は多摩リハビリテーション学院での学校生活に欠かせないものとなるかもしれません。

多摩リハビリテーション学院に入学した方の口コミ・批評を集めてみました!

充実した実習で合格までをサポート!

総合評価
学校の周りは緑豊かで、自然に囲まれています。学校内の施設もとても充実しており、学院内の先生だけではなく、外部の先生のサポートも手厚く、国家試験に向けて集中して勉強できるような環境が整っています。また、多くの病院や保健施設などと提携しているため、実習もとても充実しています。

資格
1年次から国家試験に向けての勉強や実技的な授業が行われており!3年次には業者模試などで、自らの実力を知ることもできます。

授業
90分で行われる授業は、教科書に沿った話だけではなく、そこから派生した専門的な話なども多く、すべての知識が国家試験に役立ちます。また、実技的な授業も多く、分からないことは気兼ねなく先生に質問できます。

学生生活
高校とは違い、様々な年齢層の生徒がいるが、入学してすぐの球技大会や、御嶽山で行われる合宿などを通して、年齢関係なくクラスメイトと仲良くなることができます。また、学年を超えた友好関係も充実しており、授業や勉強のことを先輩に質問することもできます。

引用元:https://www.minkou.jp/vcollege/

→多摩リハビリテーション学院の特徴は充実した学習プログラムにあります。実習等含めた授業の質が高い理由は、医療法人社団和風会が専門学校を運営しているという点にあります。

医療法人運営のため当然施設内の医療設備は充実しており、他の昼間部の3年制のリハビリの専門学校と比較しても授業時間が長く密度が濃いため、医学療法士・作業療法士になりたいのであれば必ずチェックしておく事をおすすめします。

また学費もそこまで高くのはないので良心的です。

落ち着きのある環境で学べる

昨年度までは理学療法学科には男性の先生しかいなかったが、今年度から女性の先生もきて質問などしやすくなった。先生によって考え方や専門としてるものが違っていろんな考え方を学べる。理学療法学科、作業両方学科、言語聴覚学科が揃ってる学校は東京都に2校しかなく他の学科の生徒とも交流ができて他職種の特徴も学べる。学校自体は小さいが、学ぶのに不便はない。近くにセブンイレブンとファミリーマートがある。お昼にはお弁当屋さんもくるのでコンビニに行かなくてもご飯が買える。実習時間が規定時間よりも長いため実践的なことが多く学べる。就職については昨年度は年内に80%の人が内定をもらっていた。求職は東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県などから多く来るがその他の地域に就職する人もいる。年齢については現役生もいれば、大学を中退した人、卒業した人、働いていた人などいろんな年代がいるが歳関係なく仲がいい。校内に図書館もあり、本を借りたりコピーしたりすることもできる。

引用元:https://www.minkou.jp/vcollege/

→多摩リハビリテーション学院は都心から離れており、JR東青梅駅を最寄りとした場所にあるため東京都ではありますが自然溢れる環境です。ごみごみとした都会よりも、落ち着きのある田舎でリハビリに関して学びたいという人には絶好の専門学校と言えます。

ひとつの特徴として奨学金を受けやすいという点があり、口コミの意見から見るに様々な年齢層の方が入学されるようで、奨学金を利用されている方も多いようです。

学費や学生生活中の生活費の工面等に悩んでいらっしゃる方にはありがたいですよね。